2008年03月18日

とあるブレトンの足跡INDEX

故郷では魔術を扱うことが苦手だったとあるブレトンの一大冒険記。
ただ暴れているだけではないか、という意見は受け付けておりません。
また、ネタバレ全開な上に会話内容などある程度脳内補正しているのであしからず。

シロディール冒険記 序文
序章
第一話脱出
気がつけば、そこは牢獄だった。
第二話探索
手頃な得物を手に入れた私は古びた洞窟へと足を踏み入れた。
第三話皇帝暗殺
洞窟探索の末に再び皇帝御一行と合流したが……
第四話シロディール
ついに地下を抜け外の世界へと飛び出すと、そこには美しい光景が待っていた。
第五話帝都
初めて足を踏み入れる帝都、そこには沢山の人が住んでいた。
第六話魚獲り
脱衣、飛び込み、遊泳――そして魚に噛まれて逃げる私。
第七話街道を往く
十分な休養を取った私は一路ウェイノン修道院へと足を進めるが……
第八話ウェイノン修道院
紆余曲折を経て私はウェイノン修道院へ辿り着く、そこで待っていたのは……


魔術師ギルド編〜激闘・死霊術師〜
第九話多忙な日々
魔術師ギルドへと入会した私はアルケイン大学へ入門するために奔走する。
第十話陰謀の影
いつも通りの雑用で井戸へと潜る私。しかし井戸の底には……
第十一話黒魂石
事態は急転。推薦状を求めてガサ入れをした私が見つけたモノは……
第十二話襲撃
アルケイン大学に入り魔術を修めていた私は一人前となるべく泉の洞窟へ向かう。
第十三話仇討ち
同胞が殺められた。私は腰の魔剣を抜く……嬉々とはしていない、多分。
第十四話魔術師の杖と使い走り
死霊術師の行動に驚くラミナス。私は正式な魔術師として初の任務を任された。
第十五話甘い葡萄と甘い罠
任務でスキングラードへと辿り着いた私は伯爵への謁見を申し入れるが……
第十六話スキングラードの伯爵
予想通りの展開と予想外の来訪者。真実はどこにあるのか……
第十七話上司いびり
一杯食わされた私はラミナスへと食って掛かる。そこで明かされた真実とは……
第十八話学術調査
ようやく魔術師らしい任務を受けた私は意気揚々と現場へと向かったのだが……
第十九話古代遺跡ヴァータゼン
遺跡に到着した私は遺跡の謎を解き、死霊や罠だらけの遺跡へと足を進める。その先に見つけたモノとは……
第二十話神秘の書庫
遺跡から帰還した私は死霊術師について調べるよう言いつけられる。しかしそれは建前でしかなかった……
第二十一話死霊術師の月
ター=ミーナを説得した私は"死霊術師の月"という本を入手。その本には意外な人物が関わっていた……
第二十二話闇の裂目
黒魂石を追って闇の裂目の入り口を張り込んだ私は遂にその現場を目撃する。任務を達成した私は……
第二十三話休息
闇の裂目での任務を終えた私はラミナスへと事の次第を報告し、大学を後にする。私の向かった先とは……
第二十四話喰うか喰われるか
ラミナスに呼び出された私はついにアークメイジであるトレイヴンと邂逅する。彼から下された任務とは……
第二十五話魔術暗殺者
私の振るう無慈悲な刃の前に無力な死霊術師達は次々と倒れ伏す。その末に見つけた"彼"は……
第二十六話情報の対価
大学へと戻った私は事の次第をトレイヴンに報告し、新たな任務を与えられた。その任務とは……
第二十七話バンパイアハンター
情報と引き換えに彼は町に訪れたバンパイアハンターを追い払うよう要請してきた。その"情報"とは……
第二十八話忍び寄る影
虫の王の情報を伝えた私は、すぐさまブルーマ魔術師ギルドの視察を命じられる。そこで見たモノとは……
第二十九話悪い報せ
死霊術師を倒した私は唯一の生き残りである『彼』からその一部始終を聞く。その一部始終とは……
第三十話死霊術師のアミュレット
魔術師議会は崩壊した。私はその事態を収拾するために"死霊術師のアミュレット"の回収を依頼される……
posted by リュート at 11:02| Comment(42) | TrackBack(2) | 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。